みんなのお話の記事一覧

すいか

2018年9月14日

利用者さん「病院のご飯が口に合わないから何も食べれない、娘が買ってきてくれたスイカ美味しかったわ~。あんた盛大顔見に来てや!ここの看護師呼んでも『あ~忙しい』言うて聞えへんふりするで(笑)。こんなとこおったら死んでまうわ!」

ヘルパー「やめて~骨折で死なんよ。」

ほんまに。死ぬ?

この仕事をしていると80代であろうが90代であろうが、年齢でスッと納得できるもんじゃありません。

『80代の人が亡くなったんや~、ええ年やもんなあ』では終われない。

『きれい好きで、負けず嫌いで、数字に強くて漢字に弱い、若い頃はブイブイ言わしてて、先週は笑って一緒に掃除してた○○さん』が急にいなくなった。が妥当です。

深い穴に落ちる。

見上げれば…空は青い。

日常生活を営むために這い上がって、とりあえず穴を隠す。

そして通りがかってまた落ちる。自分で作った落とし穴に何回も落ちてわかったことは、落とし穴が必要だということだ。

落ちては這い上がり落ちては這い上がり、死んでいなくなった人を思う。もうここにいないことを思う。命には終わりがあることを体にしみこませる。

いつか、笑える。

若い頃ダンスホールに通い詰めてたこと、韓国ドラマの字幕を反対から読んで脳を活性化させてたこと・・・いろんな宝物を少しづつ埋めて、この穴にも花咲かせます。

 

 

投稿者 : みんなの木

卓球

2018年3月7日

きよしさん、健康のために卓球をはじめられました。

移動支援で付き添ったヘルパーさん曰く

「めっちゃ上手かった!!」

とのこと。

以前も看護師さんの勧めで体を動かすために通われていたことがあるそうです。

そんなきよしさんと卓球対戦したい方はみんなの木まで!!

新しい義歯をはめて きよしのつぶやき

「君が いれば」

 

投稿者 : みんなの木

2018年も冴えてます

2018年1月18日

机の上の書類の山の上にサングラスを発見

ヘルパー「サングラス、落ちそう」

きよし「次はヨングラス買います」

投稿者 : みんなの木